ごあいさつ


アーバンハウジングは、平成24年4月から内閣府所管の公益財団法人として再出発することになりました。その前身の財団法人アーバンハウジングは、昭和61年、建設省所管の認可法人として設立され、四半世紀を超え活動してまいりました。

 これからも、アーバンハウジングという名のとおり、都市住宅を対象として公益性を強く念頭に置いた調査研究を進めてまいります。

 いわゆるマンションは、いまや600万戸に達し、我が国の大都市においては代表的な住宅となっています。しかし、マンション居住は、居住者間のコミュニティ形成のためには、人間関係の希薄性という大きな問題を当初から抱えていました。

 かつての農村社会におけるコミュニティとは異質なものでしょうが、大都市においても、人々が生活していくためには、居住者相互の連帯、適当な距離感を持った人間関係、コミュニティの存在は必要なものです。近年の大都市における福祉、防犯防災の観点からもその必要性は高まるばかりです。

 当財団は、マンション居住者間の生活様式、マンションとその周辺の市街地住宅との関係、さらには、伝統的な市街地住宅の生活様式の動向についても関心を持っています。 

都市住宅居住を支える露地、たまり場、界隈といった都市の味わいある空間が都市の文化財であるように、都市住宅の居住様式もその地域における文化だと思います。将来に向けて、よりよいコミュニティに支えられたわが国の都市住宅文化の形成を願っています。 

そして、そのような目的をもって、国内の大都市における都市住宅居住の調査研究のほか、先駆的なヨーロッパの都市居住様式、関心の高い近隣の東アジアの都市居住についても調査研究を進め、わが国の参考にしたいと思っています。 

引き続き、関係者のご支援、ご協力をお願いいたします。


                           公益財団法人 アーバンハウジング

                             理 事 長  内  藤    勲