目的・事業内容


    目的


少子高齢化、情報化、都市化、低炭素化等我が国経済社会の変化の長期的展望のもとに、国民の住まいやコミュニティに対するニーズを的確に把握しつつ、今後における都市型住宅やコミュニティのあり方、方向及びその実現のための方策等について調査研究を進め、もって、都市におけるより快適で安全で、豊かな住生活の実現に資すること。





    事業内容

  • 都市における住まいやコミュニティに対する国民のニーズおよびその変化の動向の把握 

  • 都市における住生活の今後の方向及び都市型住宅・コミュニティの未来像に関する調査研究を行う

具体的には、毎年度、国内、西欧、東アジアについて都市及び団地の再生に関する調査研究を行う。国内では、首都圏及び近畿圏において各調査研究を行う。なお、これらの調査研究は、関係者による研究会方式で行っている。


* 調査研究テーマのご要望、報告書の配布に関するお問い合わせを受け付けています。